未経験者でも採用される可能性があるので心意気をアピールしよう

日本の景気は徐々に改善されつつあるといわれています。そのような環境の中で、第二新卒に対する求人数は東京を中心として延びてきているといわれています。特に営業職は業界問わず、経験者だけでは必要な人員の賄えない所が増えてきています。そこで第二新卒のような、経験のない人でも採用する所が出てきています。

 

その他には、景気回復によって設備投資を積極的に行う企業も増えています。その中にはシステム関係のものも多く、IT業界におけるニーズも高まっています。東京オリンピックなどの影響もあって、建築や土木、不動産でも人材確保が急がれています。このように第二新卒であっても、転職しやすい環境は整っているといえます。

 

第二新卒の場合、まだこれといった仕事上のキャリアを持っている人は少ないはずです。そこで既卒者の転職活動のように、今までの実績はアピールできません。そこで重要なのは、ヤル気とポテンシャル、モチベーションの3つだと思ってください。この3つを面接試験などの時にいかにアピールできるかが重要なポイントになります。

 

やる気やポテンシャルに関しては、ただ「やります!」だけでは説得力がありません。そこで転職した後、自分はどのような仕事をしたいのかなどの将来的なビジョンを具体的にえがくことが大事です。

 

またモチベーションに関しては、求人募集を見たときに相手がどのような人材を求めているのか、その人材に自分が近づくためにはどうすべきかを考えてください。たとえば、グローバルに事業展開をしている会社に入社したいとします。その場合には、TOEICなどの語学力試験を受けてアピールする方法などがあります。