女性の仕事に対する考え方に偏見が残っているのは事実

東京で女性が転職するのは、決して悪い考え方ではありません。東京にはたくさんの求人が出ているので、女性にとっても選択肢は広いです。このため、より納得のできる職場の見つかる可能性は高いといえます。ただし女性が仕事をすることに対する偏見は、いまだに東京でも残っていることを頭の中に入れておかないといけません。そこで後悔のない転職をするために、以下で紹介する3つのポイントを押さえておくべきです。

 

結婚に対する考え
女性の場合仕事をするにあたってネックになるのは、結婚です。結婚に対する考え方は面接の中で聞かれるので、1つ目の大きなポイントです。会社としてみれば、結婚・出産で寿退社をする女性なら男性社員を登用したい意識があります。そこで結婚後も仕事を続ける意思のあることをアピールしてください。

 

育児について
2つ目のポイントになるのが、育児の問題です。結婚して出産をすれば、育児をしながら仕事に励む形になります。本来夫婦共働きであれば、育児に関しても分担して行うべきです。

 

ところが現在の日本は、妻の方の育児負担がどうしても大きくなりがちです。育児のためにたびたび早退や遅刻、欠席をされると会社も影響を受けます。そこで面接のときには、夫婦協力して育児をするという点もしっかり話しておくべきです。

 

キャリアアピール
最後のポイントは、自分のキャリアをどのように考えているかという点です。女性は男性と比較すると気配りのきく人が多いので、自分のキャリアを控えめに考える傾向があります。しかしそれだと会社に正当に評価されなくなってしまうので、これまでの業務でアピールすべき実績はきちんとPRすることが大事です。