縦にも横にも広がりを見せる求人情報

営業で転職を希望する人は、それこそ選択肢はあまたあるという状態だと思ってください。人材採用しない業界はないと断言してもいいほど、多くの業界で慢性的な人手不足の状況に陥っているといえます。個人消費者の消費意欲が高まっているのが背景で、どの業界でも営業力の強化が重視されています。

 

発注があっても、人手不足でうまくビジネスが機能しないという状態を、会社は最も恐れます。みすみす利益の上がるチャンスを飛ぶに捨てているようなものだからです。そこで、縦にも横にも採用条件を広げて少しでも多くのスタッフを確保しようという動きがみられます。

 

本音を言えば、30歳前後である程度キャリアもあって動ける若い人材を求めたいです。しかしこれだけ条件を絞り込んでしまうと、人材確保がままなりません。第二新卒などの若手の採用を行っていますし、中にはミドル・シニア層の人材採用も活発に行っている所もあるくらいです。業界経験も営業スタイルももはや不問で求人を出す会社も増えてきているほどです。

 

このように営業の業界では、とにかく1日でも早く人材を確保したいという思惑があります。これは求職者にとってもメリットがあって、採用試験を受けて採用の合否通知が来るまでが速いのです。書類選考や面接の選考回答を一両日に出してくれるとか、何段階も面接試験を設けずにダイレクトに選考する所も増えてきています。早く結果が出るので、ダメならすぐほかの所を探せます。

 

逆に言えば、求人募集が出て募集打ち切りまでの期間も短いです。このため、きちんと求人情報をこまめにチェックして、めぼしい案件があれば早めに応募するなどの対処が求められます。