企業がITに積極的な投資をしていることが背景にあります

IT業界の転職の現状を見てみると、特にエンジニアにとっては売り手市場が当面続くと見られています。特にコンサルティングファームやアプリケーション開発のようなBtoBのサービスにおける求人件数が増加しています。なぜITの転職市場が活況を呈しているかというと、3つの理由が主に挙げられます。

 

投資が増加
1つ目は、ITに対する投資が増加している点です。しかも業種や業態に関係なく増加しているので、おのずと求人数も増えるわけです。新システムを開発したい、既存システムを統合して利便性を高めたい、リプレースしたいなどの案件が激増しています。また大手メーカーになると、グローバル展開をするためのシステム統合をする人材を求める傾向も出てきています。

 

サービスのモデルチェンジ
2つ目の背景として、小売業界で販売サービスのモデルチェンジの進められていることも関係しています。大手のスーパーやコンビニを見てみると、ネットショッピングのサービスに重点を置く傾向が見られます。自宅から楽々ショッピングできますし、24時間いつでも利用可能なので単身者や共働きの家庭にとっては大変重宝します。

 

そこでネットショッピングにおけるアクセス数の急増を意識した人材の募集が行われています。クラウドでシステム環境を構築するとか、UI/UXに優れているアプリケーション開発に適した人材などの需要は今後高まってくる可能性は高いです。

 

IT環境の改善
最後は会社の効率性のアップのために、IT関連のスタッフが求められている点も見逃せません。コストカットと生産性アップするためには、IT環境の改善は欠かせないからです。