誰にでも平等にチャンスのあるところは魅力です

転職先の候補としてついつい見落としてしまいがちなのが、公務員です。公務員の中には、社会人経験4年以上の方を対象にした経験者採用試験や一般行政職試験があります。この試験に合格すれば、公務員として転職できるわけです。公務員として働く魅力に、主に以下で紹介する4点が挙げられます。

 

どんな人にでもチャンスがある
1つ目は、誰にでも平等に転職できるチャンスのある点です。公務員は意外と誰に対しても門戸を開いている傾向があって、試験の合格者のうち3割以上は新卒以外の方です。職務経験がないとかフリーターの方が正社員として就職するのは、民間企業では難しいです。しかし公務員であれば、民間では就職の厳しい人にもチャンスがあります。

 

女性への保証
2つ目は1つ目に関係しているのですが、女性でも安心して働ける環境にあることです。公務員の地位は法律によって保証されているので、長期的に安定して仕事が続けられます。女性の場合、将来的には結婚や出産をする機会もあるでしょう。出産後も継続して仕事ができるのは特筆すべきです。

 

福利厚生
3つ目は、福利厚生のきちんとしている点です。各種休暇もしっかりと取れますし、収入も安定しています。このため、ワークライフバランスをしっかりと保ちながら仕事を続けられます。

 

やりがい
最後のメリットとして、やりがいを感じられる仕事がたくさんある点が挙げられます。日本には少子高齢化や環境問題をはじめとして、さまざまな大きな問題が立ちはだかっています。このような問題に向かい合って、国や国民の生活環境をよりよく変えていくのが公務員の職務です。大きな仕事なので、充実感なども味わいやすい職業といえます。